A判定「ヴィクトリア時代の小説について、当時の社会背景なども考慮しながら述べよ。」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数901
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『ヴィクトリア時代の小説について、当時の社会背景なども考慮しながら述べよ。』
     ヴィクトリア時代は、ヴィクトリア女王(1819-1901)がイギリスを統治していた1837年から1901年の期間を指し、この時代は、イギリス史において産業革命による経済の発展が成熟に達したイギリスの繁栄の時代であった。イギリスは安定した秩序を保ちながら発達を遂げたが、内部にはさまざまな矛盾をかかえていた。この時代の政権は自由党と保守党が交互に握り、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『ヴィクトリア時代の小説について、当時の社会背景なども考慮しながら述べよ。』
     ヴィクトリア時代は、ヴィクトリア女王(1819-1901)がイギリスを統治していた1837年から1901年の期間を指し、この時代は、イギリス史において産業革命による経済の発展が成熟に達したイギリスの繁栄の時代であった。イギリスは安定した秩序を保ちながら発達を遂げたが、内部にはさまざまな矛盾をかかえていた。この時代の政権は自由党と保守党が交互に握り、時代や状況の変化に応じて柔軟に政策を転換していった。女王が即位する前、1832年の選挙法改正案で中流階級(商工業者)には選挙権を認められたが、労働階級には認められなかった。1840年代は食料不足が深刻な様相を呈し、これにより労働階級の政治的発言が強化し、人民憲章運動(チャーティスト運動)とからみ合うことになる。高度に産業革命が発達したイギリスは、漸次中流階級につづき労働階級の政治的権利を拡張してゆく道を必然的にたどらざるを得なかった。1867年の第2次選挙法改正案、1884年の第3次と、労働者たちにも選挙権が認められるようになった。また、1870年の教育法成立によ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。