20071205_対人関係心理学_罪悪感と恥

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数1
閲覧数995
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    社会的感情 – 罪悪感と恥
    罪悪感(guilt feeling)とは、法律上の犯罪ばかりでなく倫理的、道徳的宗教的規範に背き過失を犯したあるいは犯そうと欲した時に感じる自己を責める感情を言うことです。こうした感情は、自尊心(pride)を低下させ、罪滅ぼしをしようという感情を起こします。一般的には、些細な過失を気にする神経質な性格の人に見られやすいです。精神分析で扱う神経症的罪悪感は超自我と自我の葛藤の現れと見なします。過剰で不適切な罪悪感はうつ病にも精神分裂病にも見られます。恥(shame)とは、他者に知られない不行跡でもみずから『罪』の意識にさいなまれる場合と違って、世評や他者の嘲笑を恐れ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。