現代における健康づくりのための食生活のあり方と問題点について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数4,237
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    食べるということは、三大欲望(食欲・性欲・睡眠欲)という、人間以前の、動物としての根源的な欲望の一つだ。動物が生命を維持し活動や成長をするためには、栄養素を摂取する必要があり、そのための手段が食事である。これらの事から食事という行為は、生きるという事に深く関係している事がわかる。しかし、現代人の食生活のあり方や生活習慣病の増加などから、この重要な行為がいかに軽視されてきたかは明白である。
    私たちの食生活は、従来ご飯を中心としたものであったが、その後、ご飯を食べる量が減り、肉などの畜産物や油脂類を食べる量が増えた。 この結果、昭和40年代後半にはご飯を中心とした伝統的食事に、畜産物や果物などが加わった「日本型食生活」といわれる健康的で豊かな食生活が実現した。しかし、その後も畜産物・油脂類を食べる量が増加した結果、最近では食生活のバランスがくずれ、それは食生活の「飽食化」「欧米化」「簡便化」などで表現されており、特に脂質の取りすぎによる生活習慣病の増加が心配されている。
    食生活が変化したことにより増加した生活習慣病の一つ、食習慣と深い関わり合いのある糖尿病の患者数は、昭和62年に109万人..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。