教育実習研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数347
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『子供たちの可能性を伸ばす授業をするにはどうすればよいか』
     まず、学習指導の目標とは何か、どのような児童の理解がよいかについて述べる。教科には様々な目標があるのだが、全ての教科で共通していえることは、学んだことをいかに日常生活に生かし、将来的に結びつけることができるかであろう。今までの学習は詰め込みという傾向が強かったが、最近ではゆとりと充実をキャッチフレーズに、教科の時間数が減らされ、ゆとりの時間が設けられた。豊かな人間性や社会性、また、自ら学び、考える力を育成し、ゆとりのある教育活動を展開する中で、個性を生かす教育を充実させ、特色のある教育や学校づくりを進める必要があるのである。最近では..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。