ストレスと会話

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数263
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    問題
    自己開示
    自己に関する重要な情報を特定の他者に対し言語的に伝達することを、自己開示と呼ぶ。
    自己開示は開示者自身および他者との関係に次のような影響を及ぼす。
    多くの心理療法の目標の一つは、患者が自分の問題や葛藤の中心になっている思考、感情、衝動などを開示することであるといえる。特に重要な他者に対する自己開示は、感情を浄化し、精神的健康を促進する。これが「感情浄化」である。また、自己開示するには、自己に注意を向けなければならない。その結果、自己の意見や態度のあいまいさを現象させ、一貫性・統合性を促進する。これは「自己明確化」とされている。「社会的妥当化」とは 自己開示することによって、相手から何らかの評価が得られる。その結果、それまで気づかなかった自分の一面を認識し、自分を社会的に妥当なものとすることなのである。
    「親和」とは、人が他の人と一緒になろう、あるいは他の人と一緒にいようとする傾向のことである。人が集まり、集団を形成することにはいくつかの理由を考えることができる。たとえば、集団によって自分一人では達成できない目標を達成する(一人で野球をすることはできない)。あるいは自分に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。