教育実習不足分レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数262
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題:「子どもたちの学力が低下している」という言説に対してあなたはどのような意見をもちますか。子どもたちの学力の実態を具体的にあげながら、その理由と背景にある要因をふまえながら考察しなさい。その際に、「学習指導要領の改訂」「ゆとり教育」をキーワードにすること。
    1:学力低下
    学力低下は現在、ゆとり教育の見直しという言葉とともにマスコミに登場することの多い教育関連の言葉である。この場合、ゆとり教育とともに進行した学力低下が取り上げられ、特に近年のPISAなどの国際的な学力順位が落ちていることがその証拠であるとされることが多い。1980年代以降、日本の小学校から高等学校までの教育課程において推進されてきたゆとり教育が、学力の低下を招いたとして語られているものである。
    学力低下の原因のひとつといわれているのが、学習指導要領の改訂による学習内容の削減である。昭和52,53年改訂版より学習内容は削減され、最新の平成10,11年改訂版では前指導要領よりも3割も削減されている。削減される前のカリキュラムで教育を受けた世代にすでに深刻な学力低下が見られている。また、学力低下の背景には、夢をもつ子どもや..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。