教育相談の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数334
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『学校カウンセリングの意義、方法および今後
    の課題について述べなさい。』
    1 はじめに
    現在、戦後最大の変革とも言われる文部省(現文部科学省)による「スクールカウンセラー活用調査研究委託事業」が進行している。学校という場におけるカウンセリングに世間の関心が高まっているのは言うまでもない。
    近年の学校教育を取り巻く問題は、いじめ、非行、不登校などの問題行動が深刻化している。
    カウンセリングを行うには、以下のような心的構造・発達過程を理解し、段階に則したものとする必要がある。
    乳児期は、イド(快楽原則)が心の全てであるが、幼児前期に入ると、イドの中から、自分の行動を決定する自我(現実原則)が芽生える。幼児後期になると、自我とイドの関係性の中から、超自我(理想)が生まれる。身体の成長とともに心的構造であるこれらの三者は成長し、その関係性は変化を繰り返す。この三者のバランスが保たれている時、心理状態は最も安定した状態となる。
    子どもは、教師が熱心に関わり信頼関係を築こうとしてもつながりをもとうとしなかったり、突然切れて暴力を振るったりするケースさえ存在するようになっている。教師には、このよう..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。