学校教育職入門HP

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数269
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『現代の「教師に求められる資質とは何か」に
    ついてまとめなさい。』
    1.はじめに
    1996(平成8)年、中央教育審議会が発表した「21世紀を展望した我が国の教育の在り方」の第2部第1章「これからの学校の在り方」に教員に求められる資質・能力では教員養成や研修を通じて、教科指導や生徒指導、学級経営などの実践的指導力を重視し、いじめや登校拒否などの深刻な状況を考え、子どもの心を理解・需要する態度を身につけることがきわめて重要とされている。
     その後1997年7月に、教育職員養成審議会は、教員に求められる資質能力を以下の様に述べている。「専門的職業である『教職』に対する愛着、誇り、一体感に支えられた知識、技能等の総体」である。具体的に述べると、昭和62年の中央教育審議会答申から、「教育者としての使命感、人間の成長・発達についての理解、幼児・児童・生徒に対する教育的愛情、教科等に関する専門的知識、広く豊かな教養、そしてこれら基盤とした実践的指導力」となる。  そして、これからの教員に求められるものは、変化の激しい時代にあって、子供たちに「生きる力」を育む教育を授ける能力である。教科指導や生徒指導..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。