S0714 理科教育法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数110
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    理科教育法

    資料紹介

    『(1)子どもたちが生活している「地域の自然」を教材化する必要性を2つの観点から解説せよ。』

     小学校における教育の目的とは、人間形成であると言える。理科教育はその一端を担う一分野である。子どもたちは自然に働きかけて、自然からさまざまな情報を得て自然を認識していくのであるが、最近は子どもたちと自然の間に人工物や機器などさまざまなものが入り込み、直接自然に働きかえる機械が奪われて

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『(1)子どもたちが生活している「地域の自然」を教材化する必要性を2つの観点から解説せよ。』
     小学校における教育の目的とは、人間形成であると言える。理科教育はその一端を担う一分野である。子どもたちは自然に働きかけて、自然からさまざまな情報を得て自然を認識していくのであるが、最近は子どもたちと自然の間に人工物や機器などさまざまなものが入り込み、直接自然に働きかえる機械が奪われていることが多い。それで、子どもたちは自然に働きかけるのではなく、子どもと自然の間に立ちはだかる自然でないものに働きかけて、そこから情報を得ているのが現状である。
     理科教育では、(1)豊かな感性をともなった知性をもった子どもを育てる(2)手に道具を持って、自然に働きかけることができる子どもを育てる(3)力を合わせて自然に働きかける楽しさを知る子どもを育てる(4)自然と人間の関わりを考えることができる人間を育てるといった4つの目的は理科教育だからこそできることである。自然と人間の関わりを考えることができる人間を育てるために取り組むことが大切である。
     次に、科学者が自然を探求する方法として、感染予防の基礎を作った医..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。