S0616 国語科教育法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数119
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    国語科教育法

    資料紹介

    「やまなし」の教材研究を行うとともに、事例(p、142-170)の児童の発言を考察しなさい。

    第1節 児童理解と単元 
    「やまなし」は造語や比喩表現や擬声語・擬態語など、宮沢賢治の独特な表現が駆使された、象徴的・幻想的な作品である。児童には、表現の1つ1つのから想像を広げ、場面の情景や登場人物の様子などを豊かに想像できるようにしたいものである。「やまなし」の学習の中で、情景を読み取るために、音読や朗読を工夫することで、宮沢賢治の言葉に児童の気づきが生まれ、その気づきをもとに自分の感じたことから想像を広げ、深めていくことの楽しさを児童に感じさせることが大切である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「やまなし」の教材研究を行うとともに、事例(p、142-170)の児童の発言を考察しなさい。
    第1節 児童理解と単元 
    「やまなし」は造語や比喩表現や擬声語・擬態語など、宮沢賢治の独特な表現が駆使された、象徴的・幻想的な作品である。児童には、表現の1つ1つのから想像を広げ、場面の情景や登場人物の様子などを豊かに想像できるようにしたいものである。「やまなし」の学習の中で、情景を読み取るために、音読や朗読を工夫することで、宮沢賢治の言葉に児童の気づきが生まれ、その気づきをもとに自分の感じたことから想像を広げ、深めていくことの楽しさを児童に感じさせることが大切である。
     作品中には、「クラムボン」、「イサド」などの賢治独特の造語、「かぷかぷ」、「もかもか」などの賢治ならではの擬音語や擬態語、そして、数々の美しい比喩表現など、印象に残る言葉が数多く見られる。また、「かわせみ」と「やまなし」、昼と夜、動と静、生と死などが対比的に描かれた「五月」と「十二月」の世界の違いや、反対に二つの世界に変わらず共通するものを考えることで、「生きること」の意味を感じることが出来るかもしれない。「やまなし」を読み..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。