S0614 理科概論 ok

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数285
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    理科概論

    資料紹介

    『生物は環境の変化の中で常にその環境に適応しながら生きている。ある条件下では生物の数は増加したりまた減少する事について述べよ。』

    地球上において生物が生活する環境では、様々な生物が同居しており、これらの生物は親から子へ遺伝子DNAとともに受け継がれていく。生物が生活するためにはいろいろと多くの環境要因が関係しており、これらの要因の限度内で生存している。
    生物はお互いに何らかの関係を及ぼし合っているが、ある空間に生きている生物(有機物)が環境(無機物)には働きかけて、環境を変えることを「環境形成作用」という

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『生物は環境の変化の中で常にその環境に適応しながら生きている。ある条件下では生物の数は増加したりまた減少する事について述べよ。』
    地球上において生物が生活する環境では、様々な生物が同居しており、これらの生物は親から子へ遺伝子DNAとともに受け継がれていく。生物が生活するためにはいろいろと多くの環境要因が関係しており、これらの要因の限度内で生存している。
    生物はお互いに何らかの関係を及ぼし合っているが、ある空間に生きている生物(有機物)が環境(無機物)には働きかけて、環境を変えることを「環境形成作用」という。また、環境が生物に与える影響を「環境反作用」という。反作用によって変化した環境は、再び生物に作用して環境反作用が起こる。生物と環境は、常に作用と反作用を繰り返している。これら相互に関係しあう一つの系を「生態系」といい、これらは時間とともに変化していく。ある空間とは、地球という巨大な空間であったり、森林、草原、湿原、湖、河川などのひとまとまりの空間であったりする。
    様々な地域に動物、植物、菌類その他、様々な生物が生息している。これを「生物群集」というが、その種は、同じような環境ならば、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。