S0106 教育社会学 第2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数59
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    教育社会学

    資料紹介

    『学力低下とは何かを明らかにし、社会階層のような社会的不平等と学力がどのようなかかわりを持つのかについて述べよ。』

    現在の教育は様々な問題を抱えており、今後も問題が生み出されるであろう。その問題とは、校内暴力、いじめ、学級崩壊、学力低下などがある。これらの問題に対しては、その時代に合った教育問題の解決方法が求められる。現在までに、この教育問題を解決するために行われているのが学習指導要領の改訂である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『学力低下とは何かを明らかにし、社会階層のような社会的不平等と学力がどのようなかかわりを持つのかについて述べよ。』
    現在の教育は様々な問題を抱えており、今後も問題が生み出されるであろう。その問題とは、校内暴力、いじめ、学級崩壊、学力低下などがある。これらの問題に対しては、その時代に合った教育問題の解決方法が求められる。現在までに、この教育問題を解決するために行われているのが学習指導要領の改訂である。
    一番最近行われた学習指導要領の改訂が、平成10年である。この年の改訂は「ゆとり教育」が取り入れられ、完全学校週5日制が導入された。その結果、年間の授業数の削減により、児童の基礎・基本の学力が低下するという問題を引き起こしてしまった。また、IEA(国際教育到達度評価学会)は3回にわたり教育調査を行ったが、第1回、第2回の教育調査から見ると第3回教育調査のほうが相対的に学習到達度は低下している。また、2002年の12月に公表された「全国一斉学力テスト(教育課程実施状況調査)」の分析結果においても、同じような結果を物語っている。したがって、教育関係者は、これまで以上に、教科の学力をすべての子ども..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。