S0105 教育心理学 第2 合A

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数136
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境心理動機行動人間学習葛藤生命能力目標

    代表キーワード

    教育心理学

    資料紹介

    『適応・不適応の心理的機制、またそれらからひき起こされる特徴的行動について説明せよ。』

    人は、様々な環境に対して反応して生活を営んでいる。その環境は、日々変化しているので、人が生きていくためには、その環境と状況に応じた行動をとらなくてはならない。さらに、単なる生命の保全だけでなく、欲求を満たして行動できるように、行動を調整していかなくてはならない。このように、主体としての個人が、欲求を満足させようとして、環境の諸条件を調和するためにとる行動や態度の調整を「適応(adjustment)」と呼ぶ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『適応・不適応の心理的機制、またそれらからひき起こされる特徴的行動について説明せよ。』
    人は、様々な環境に対して反応して生活を営んでいる。その環境は、日々変化しているので、人が生きていくためには、その環境と状況に応じた行動をとらなくてはならない。さらに、単なる生命の保全だけでなく、欲求を満たして行動できるように、行動を調整していかなくてはならない。このように、主体としての個人が、欲求を満足させようとして、環境の諸条件を調和するためにとる行動や態度の調整を「適応(adjustment)」と呼ぶ。
    それに対して、適応できていない状態、不適応な状態では一般に不安感や焦燥感、劣等感といった心理的に不安定な状態となる。これらは単に心理的な状態だけではなく身体症状(発汗・動悸・頭痛・胃痛等)として自覚されることもある。
    そして適応には、環境や状況に自己を適合させていく「受動的」な形と、環境に働きかけて変革するという「積極的」な適応の形がある。人が適応のための行動を起こす際には必ず「原因」が存在するが、そこにはさまざまな「原因」があり、それらに対する「動機付け」はさまざまである。また、めざす目標の位..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。