アリストテレス

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,073
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ソクラテスを賢者、プラトンを詩人とすれば、アリストテレスは独断的な体系化であるとするのが一般の動かぬ見解である。
    も大きな影響を受けた。そしてプラトンの死後、後継者問題が勃発するのを契機にアリストテレスはアテナイを去る。これが第二期、遍歴時代の始まりである。この時期は自然研究への関心が深まるという点で特に重要な時期である。また、イエーガーによれば、アリストテレスがプラトンの哲学から離脱して四原因説や実体論のような彼自身の形而上学の中心思想を発展させたのはこの遍歴時代であった。小アジア・マケドニアの各地で過したのち、彼はアテナイへと戻り、リュケイオンにて学園を創始する。これがリュケイオン時代と後の偉大な時代である。
     アリストテレスが生涯行った学業の広範さは未曽有のものである。論理学、形而上学、天上・月下の世界の自然学、プシューケー論、倫理学、政治学、文芸論などである。
    コマコス倫理学」を材にとって考えてみたいと思う。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ソクラテスを賢者、プラトンを詩人とすれば、アリストテレスは独断的な体系化であるとするのが一般の動かぬ見解である。
    も大きな影響を受けた。そしてプラトンの死後、後継者問題が勃発するのを契機にアリストテレスはアテナイを去る。これが第二期、遍歴時代の始まりである。この時期は自然研究への関心が深まるという点で特に重要な時期である。また、イエーガーによれば、アリストテレスがプラトンの哲学から離脱して四原因説や実体論のような彼自身の形而上学の中心思想を発展させたのはこの遍歴時代であった。小アジア・マケドニアの各地で過したのち、彼はアテナイへと戻り、リュケイオンにて学園を創始する。これがリュケイオン時代と後の偉大な時代である。
     アリストテレスが生涯行った学業の広範さは未曽有のものである。論理学、形而上学、天上・月下の世界の自然学、プシューケー論、倫理学、政治学、文芸論などである。
    コマコス倫理学」を材にとって考えてみたいと思う。
    問題たる幸福論の問題に立ち返っている。
      いかなる技術、いかなる研究も、同じくまた、いかなる実践や選択も、ことごとく何らかの善(アガトン)を希求していると考えられる。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。