社会保障論レポート(前期)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数702
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     わが国の公的年金制度は、昭和60年の改正により国民年金が全国民共通の年金制度とされ、基礎年金(老齢基礎年金、障害基礎年金、遺族基礎年金)の支給が行われることとなった。新制度では国民年金を1階部分とし厚生年金や共済年金はその上乗せ(2階部分)の報酬比例部分を支給することとされた。それらは社会保険方式、世代間扶養という特徴をもっている。
    さて、このようなわが国の公的年金制度は財源の確保が大きな課題となっている。少子高齢化による年金受給世代の給付と現役世代の負担とのバランスをどのように確保していくか。また未納者の増加や「消えた」年金問題の解決など未解決の問題がある。結局は年金制度だけの問題としてで..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。