障害者福祉論~ノーマライゼーション理念に基づく具体的な展開過程について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,027
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ノーマライゼーション理念に基づく具体的な展開過程について」
     ノーマライゼーションとは1950年代にデンマークのN,E.バンク・ミケルセン等の理論家による「知的障害者の生活をできる限り通常の生活状態に近づけること」と表明される。スウェーデンのB.ニィリェは「知的障害者の日常生活の様式や条件を社会の主流にある人々の標準や様式に可能な限り近づけること」と定義した。また、W.ヴォルフェンスベルガーはノーマライゼーションの原理を北米、カナダに紹介し、「個人の行動と特性」を文化的にノーマライズするという特徴がある。
     この理念に基づく具体的な展開内容は各国によって違いがあるが、全般的には利用者に身近な..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。