社会福祉原論(前期レポート)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数593
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「日本の社会福祉発達史を概説し、あなたが考えるターニングポイントとその理由を述べなさい。」
    大宝律令によってわが国は律令国家の骨組みを築き、その中の戸令はわが国最初の公的救済制度であり、貧困救済について規定している。そしてこの戸令の近親や隣保による相互扶助という法思想は、戦前の救護法まで千年以上継続した。また民間では仏教による慈善救済活動が行われた。
    徳川幕藩体制では、身分制による社会秩序が形成され中央集権体制が確立される。相互扶助と、儒教の思想を背景に社会性を帯びた救済手段が取られ、幕府と各藩によって救貧から防貧へ一歩前進する。民生安定のための五人組制度や七部積立金制度等、各種の救済施策が講..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。