方言

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,228
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    方言方言の変化日本語概説

    代表キーワード

    方言

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本各地へ旅に出ると、そこで出会う人たちのことばを聞いて、なんとなく意味は理解できるが音韻、文法、アクセントなどにおいて違和感を覚えることは多多ある。それは聞き慣れないことば、つまり他の地域では使われない独特なことばだからだろう。東北では「捨てる」ことを「なげる」、関東では「ぶちゃる」、という地域があり、わたしの住む三河地方では「ほかる」という。このように地域に制約された言語であり、他の地域では使われない特別なことばを「方言」と呼ぶ。
    方言は音韻、アクセント、文法、語彙などに認められる特徴に注意して区画される。いろいろな区画案があるが、その中でも東条操の区画案(1953年)が代表的である。それ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。