児童期の社会的行動と友人関係

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数390
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    児童期の社会的行動と友人関係において、重要なことについてレポートしました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    児童期の社会的行動と友人関係について
     社会的行動とは、他人に対して、あるいは集団生活で示す行動であって、その発達は、社会化である。この過程で重要になってくるのが、「家庭での人間関係」と「遊び仲間の影響」である。家庭での人間関係は、初期の社会的経験として極めて重要であり、遊び仲間の集団が子どもの社会的発達に与える影響は、同調性と独立性の葛藤・自己概念の形成などにとって非常に重要なことである。
     児童期に入ると、遊び仲間との接触が多くなり家庭の外での活動に熱中するようになる。したがって、児童期において社会的行動の発達形成に特に重要な要因は、遊び仲間つまり友人関係である。様々なことを話し合える友人がたくさんいる子どもは、仲間関係を通して、他者の立場にたつことを学習する。友人関係のあり方が、社会的行動に大きく影響する。また、子どもたちは成長するにつれて、自由と独立を欲求する。地位が対等である友人関係では、全く自由に自己主張ができる。親しい友人と遊ぶ時間ほど、子どもにとって楽しいことはないと言ってよい。このようなことからも、児童期の社会的適応がうまくいくためには、やはり友人の果たす役割が極めて..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。