憲法 司法試験平成7年度第2問 問題 答案1 公の支配の意義1 学校教育法 私立学校 幼稚園

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数563
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    公の支配の意義1
    憲法 司法試験 平成7年度第2問
    問題
     国が、私立学校法にいう私立学校に対して補助金を支出することは憲法上許されるかどうかについて論ぜよ。
     また、地方公共団体が、学校教育法にいう幼稚園には該当しないがこれに類似した事業を行う幼児教室に対して補助金を支出する場合にはどうか。
    答案例1
    1 設問前段について
     私立学校への補助金の支出は、89条後段に規制する「公の支配」に属しない「教育の事業」に対する公金の支出にあたり、許されないのではないか。
    (2)ア  この点、同条の趣旨を、公的団体の自律性の維持と捉える場合には、「公の                 支配」とは公的団体..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。