憲法 司法試験問題 答案1 法律と予算の関係1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数520
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    憲法司法試験問題答案予算

    代表キーワード

    憲法司法試験

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    憲法 法律と予算の関係1
    司法試験 平成2年度第2問
    問題
     法律と予算の不一致がどのような場合に生ずるか、その原因を説明し、不一致が生じた場合の国会と内閣の責務について論ぜよ。
    答案例1
    1 法律と予算の不一致生ずる原因
     法律と予算の不一致が生ずるか否かは、予算の法的性質の捉え方によるので、 まず、予算の法的性質をいかに解すべきかが問題となる。
     この点、予算は、国会が政府に対して一年間の財政計画を承認する意思表示に過ぎず、法規範性はないとする見解もある(予算行政説)。
         しかし、財政面で行政に民主的コントロールを及ぼそうという財政民主主義(83条)の趣旨に反するので、妥当でない。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。