憲法 司法権&行政権に対する民主的統制について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数928
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    問題
     司法権に対する民主的統制について、行政権に対する民主的統制と比較しつつ論ぜよ。
    1 司法権に対する民主的統制の必要性と限界
     国民主権からは全ての国家機関の活動に対する民主的統制が必要。
      ↓
     行政権に対しては強い民主的統制の必要性あり。
     これに対し、司法権については司法権の独立に配慮し、民主的統制にも限界あり。
    2 民主的統制の具体的な方法
    国家機関を通じた統制の方法
        対行政権・・・議院内閣制の下、国会から強い民主的統制を受ける(69条、62条など)。
        対司法権・・・組織構成に関しての法律による統制、内閣による裁判官の指名・任命、弾劾裁判、国政調査権については、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。