民訴論文 二重起訴の禁止・既判力

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数989
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    民訴 論文
    問題
     甲が乙に対して提起した売買代金の支払いを求める訴訟(前訴)の係属中に、乙が甲に対して貸金の返還を求める訴訟を提起した(後訴)。後訴において甲が乙に対して、前訴における売買代金債権を自働債権とする相殺の抗弁を提出することは許されるか。
    解答
    1, 乙が相殺の抗弁を提出することは、二重起訴の禁止を定める142条に抵触し、許されないのではないか。
    2, 本問において前訴は、甲の乙に対する売買代金請求事件であるのに対し、別訴は乙の甲に対する貸金返還請求事件であり、当事者は同一であっても訴訟物は異なる。(また、相殺の抗弁は抗弁であって「訴え」ではない。)よって、本問は、「裁判所に係属..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。