憲法 論証 内閣の法律案提出権は認められるか

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数562
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    内閣の法律案提出権は認められるか。
     内閣に法律案提出権が認められるか。法律案提出権の所在につき明文の規定はなく、問題となる。
     この点に関し、国会の「立法」は国会の議決のみにより成立する(国会単独立法の原則、41条)ところ、発案も立法作用の一部をなすので、これを内閣に認めることは、41条に反するとの見解もある。
     しかし、発案は国会の議決をなんら拘束するものではない以上、立法そのものとはいえないと解される。のみならず、議院内閣制の下では、国会と内閣の協働が要請されており、内閣に法律案提出権を認めることは、かかる要請に合致する。
     さらに、72条の「議案」には法律案も含まれていると解することが..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。