教育心理学

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,190
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    S0105 教育心理学
    1象徴機能の発生について説明せよ。説明にあたって具体的研究例も提示して下さい。また教育との関連で大切な点を説明しなさい。
    2アタッチメントとはどんな考えによって裏づけられているか。また乳幼期と青年期のアタッチメントの関連、アタッチメント形成の意味づけを考察せよ。
    3知能および創造性について、それぞれの概念を明らかにし、またその違いを説明せよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0105 教育心理学
    1象徴機能の発生について説明せよ。説明にあたって具体的研究例も提示して下さい。また教育との関連で大切な点を説明しなさい。
    2アタッチメントとはどんな考えによって裏づけられているか。また乳幼期と青年期のアタッチメントの関連、アタッチメント形成の意味づけを考察せよ。
    3知能および創造性について、それぞれの概念を明らかにし、またその違いを説明せよ。
    象徴機能の発生について説明せよ。説明にあたって具体的研究例も提示して下さい。また教育との関連で大切な点を説明しなさい。
    象徴機能とは、今そこにないものを呼び起こす働きをするという機能である。つまり、あることを耳にしたり、目にしたりした時、それに関する事象を能動的に思い浮かべ、反応することが可能になるということである。では、象徴機能とは、具体的にいつどのようにして発生するのかまとめたい。
    子どもは、1歳半から2歳にかけて表象能力を表わしはじめる。今、目の前にない物事についても頭に思い浮かべ、自分で実際に行動してみなくてもその様子を頭に思い描く。つまり、具体的な知覚体験をもとに自分なりにイメージを構成し、それを利用して時・場所..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。