教育原論 最終試験対策

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,167
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    S0101 教育原論
    *教科書で大切な所を抜粋しただけなので、自分で編集してください。
    1 コメニウスの教授学や一斉授業について述べ、現在の学校教育における意義を考察せよ。
    2 ソクラテス的対話(産婆術)について述べ、ソクラテスの教育学的意義について考察せよ。
    3 公教育成立の歴史的変遷について述べ、現在における学校教育の課題を考察せよ。
    4 ハヴィガーストの発達課題についてのべよ。
    5 ルソー教育思想の特徴(消極教育や自然主義など)について述べ、その意義や問題点を考察せよ。
    6 ポール・ラングランの生涯教育論の意義。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0101 教育原論
    1 コメニウスの教授学や一斉授業について述べ、現在の学校教育における意義を考察せよ。
    2 ソクラテス的対話(産婆術)について述べ、ソクラテスの教育学的意義について考察せよ。
    3 公教育成立の歴史的変遷について述べ、現在における学校教育の課題を考察せよ。
    4 ハヴィガーストの発達課題についてのべよ。
    5 ルソー教育思想の特徴(消極教育や自然主義など)について述べ、その意義や問題点を考察せよ。
    6 ポール・ラングランの生涯教育論の意義。
    1 コメニウスの教授学や一斉授業について述べ、現在の学校教育における意義を考察せよ。
     コメニウスはキリスト教的世界観から教育目的を導出している。まず彼は「教育は実に万人に対して必要である」と述べている。そもそも人間は神に似せられて造られた、あらゆる秘蔵物の中で最高の存在である。他の動物とは異なり、人間には神性が分有されている。それゆえコメニウスは人間が現生の生活に充足するのではなく、死後のためを考えて現世を送らなければならないとする。すなわち「現生はただ永遠に対する準備に他ならない」そして、コメニウスはこの死後の生に対する人間の課題..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。