理科概論l

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数588
ダウンロード数57
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「生物は環境の変化の中で常に適応しながら生きているが、ある条件下では生物の数は増加したりまた減少したりする事につい説明せよ」
    生物が生活し子孫を残すためには、多くの要因が関係している。その要因に適応できる生物は生き残り繁殖を繰り返し増加し、その要因に適応できない生物は減少し絶滅に至る。
    では、それぞれの環境の要因の中で、どのような生物が繁殖し、どのような生物が死に至ってしてしまうのかを参考資料を基に簡単にまとめたいと思う。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「生物は環境の変化の中で常に適応しながら生きているが、ある条件下では生物の数は増加したりまた減少したりする事につい説明せよ」
    生物が生活し子孫を残すためには、多くの要因が関係している。その要因に適応できる生物は生き残り繁殖を繰り返し増加し、その要因に適応できない生物は減少し絶滅に至る。
    では、それぞれの環境の要因の中で、どのような生物が繁殖し、どのような生物が死に至ってしてしまうのかを参考資料を基に簡単にまとめたいと思う。
    まず、温度要因である。温度には気温、水温、地温などがある。生物の生理作用は、最適温度を中心にしてよくはたらき、温度の上昇、また低下でその作用は小さくなる。そのため、生物の活動可能な時間や期間も自然とその地域の気候や温度の変化で決定されることになる。ゆえに、活動可能な温度では生物は繁殖し、不可能な時期では冬眠や仮眠に入り一定か、また適応できずに減少してしまうことになる。また、渡り鳥のように、住んでいる場所が寒くなると、暖かい場所に移動し住み替えを行うことで温度に対応している生物もいる。
    生物の発生、発芽、同化やその他色々な働きは、すべて温度によって左右されているので、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。