「国際生活機能分類」(ICF)についての説明と、その意義

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数4,658
ダウンロード数37
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

     国際生活機能分類(ICF:International Classification of Functioning, Disability and Health)とは、2001年の世界保健機関(WHO)の総会において、国際障害分類(ICIDH)を21年ぶりに改定したものである。ICFの前身であるICIDHが、「疾病の帰結に関する分類」であったのに対し、ICFは「健康の構成要素に関する分類」であり、新しい健康観を提起するものとなった。つまり、ICIDHが疾病をを持った者に特定したものであ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)「国際生活機能分類」(ICF)について説明し、社会福祉の立場からICFがもつ意義について考察しなさい。
     国際生活機能分類(ICF:International Classification of Functioning, Disability and Health)とは、2001年の世界保健機関(WHO)の総会において、国際障害分類(ICIDH)を21年ぶりに改定したものである。ICFの前身であるICIDHが、「疾病の帰結に関する分類」であったのに対し、ICFは「健康の構成要素に関する分類」であり、新しい健康観を提起するものとなった。つまり、ICIDHが疾病をを持った者に特定したものであ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。