自己覚知と他者理解

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数10,103
ダウンロード数64
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    (1)「自己覚知と他者理解」
    「自己覚知」とは、自分自身について深く理解する過程そのもののことであり、ソーシャルワークを実践する上で必要な「他者理解」を得るためにも、必要な要素である。
    相談などの援助していく段階で、クライエントはソーシャルワーカーの言動に影響されることが多く、ソーシャルワーカーの否定的、批判的な感情が伝わったり、一方的な意見を押し付けられたりすると信頼関係が形成することが困難である。そうならないためには、ソーシャルワーカー自身の価値観、感情などをコントロールする必要があり、その手段として自分を理解する「自己覚知」が必要になる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)「自己覚知と他者理解」
    「自己覚知」とは、自分自身について深く理解する過程そのもののことであり、ソーシャルワークを実践する上で必要な「他者理解」を得るためにも、必要な要素である。
    相談などの援助していく段階で、クライエントはソーシャルワーカーの言動に影響されることが多く、ソーシャルワーカーの否定的、批判的な感情が伝わったり、一方的な意見を押し付けられたりすると信頼関係が形成することが困難である。そうならないためには、ソーシャルワーカー自身の価値観、感情などをコントロールする必要があり、その手段として自分を理解する「自己覚知」が必要になる。なぜこのクライエントに対しては安心したり不安になる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。