生活習慣病としての癌

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数228
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    対策生活習慣病

    代表キーワード

    社会福祉生活習慣病

    資料紹介

    癌は、上皮性組織から生じ、臓器を独占破壊しながら、腫瘍として増殖を続ける。その過程で、初めに発生した癌病巣から、血液やリンパ液の流れを介して身体の各所に癌が転移したり、直接周辺組織に浸潤しつつ病状を悪化させ、最終的には死に至らしめるのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    癌は、上皮性組織から生じ、臓器を独占破壊しながら、腫瘍として増殖を続ける。その過程で、初めに発生した癌病巣から、血液やリンパ液の流れを介して身体の各所に癌が転移したり、直接周辺組織に浸潤しつつ病状を悪化させ、最終的には死に至らしめるのである。
    癌は、我が国において昭和56(1981)年より死因の第1位であり、「人口動態統計」によれば、現在では年間30万人以上の国民が亡くなっている。また、厚生労働省研究班の推計によれば、生涯のうちに癌に罹る可能性は男性の2人に1人、女性の3人に1人とされている。さらに、癌は加齢により発症リスクが高まるが、今後ますます高齢化が
    進行することを踏まえると、その死亡者..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。