「2015年の高齢者介護」について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,004
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『2015年の高齢者介護』の報告書における「2015年」とは、「戦後ベビーブーム世代」、いわゆる「団塊の世代」が65歳以上になりきる年のことである。この世代は、8割が雇用者(サラリーマン)、年金は厚生年金受給者が中心、第二次世界大戦後の日本の社会変動(進学率の向上、受験戦争、大学紛争、バブル経済とその後のリストラ、消費や流行など)を牽引してきた。言うなれば、現在の高齢者とは職歴や価値観が大きく異なる世代である。
     この報告書では、・・・

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『2015年の高齢者介護』の報告書における「2015年」とは、「戦後ベビーブーム世代」、いわゆる「団塊の世代」が65歳以上になりきる年のことである。この世代は、8割が雇用者(サラリーマン)、年金は厚生年金受給者が中心、第二次世界大戦後の日本の社会変動(進学率の向上、受験戦争、大学紛争、バブル経済とその後のリストラ、消費や流行など)を牽引してきた。言うなれば、現在の高齢者とは職歴や価値観が大きく異なる世代である。
    この報告書では、これからの高齢者介護の基本理念として、「高齢者の尊厳を支えるケア」をあげている。端的には、「高齢者がたとえ要介護状態になったとしても、その人らしい生活を自分の意思で送る..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。