地域福祉計画の系譜と地域福祉計画のあり方

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数846
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    地域福祉計画の系譜を年代ごとにたどると次のようになる。1950年代は、全社協が中心となり、地域組織化あるいは地域福祉実践主体形成のプロセスとして、地域社会が住民主体で福祉活動を行うとするコミュニティ・オーガニゼーション論を基本に展開された。1960年代は、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (2)地域福祉計画の系譜を踏まえ、社会福祉法の第5条及び平成15年施行の第107条の規定に基づく地域福祉計画のあり方、策定方法について述べなさい。
     地域福祉計画の系譜を年代ごとにたどると次のようになる。1950年代は、全社協が中心となり、地域組織化あるいは地域福祉実践主体形成のプロセスとして、地域社会が住民主体で福祉活動を行うとするコミュニティ・オーガニゼーション論を基本に展開された。1960年代は、国全体で推し進められた経済政策を背景に、住民の生活水準の向上を目指す各種社会資源の開発、動員に関わる諸活動として地域資源開発援助活動としてのコミュニティ・ディベロップメント論に基づく地域福祉計画..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。