「人口減少社会」について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,661
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「人口減少社会」とは、出生数が死亡者数を下回り、総人口が減少状態にあることで、日本は2005年についにその局面に突入した。2004年における総人口は1億2,700万人であるが、2100年時点の予想推計人口は4,080万人と三分の一にまで減少している。これは、年少人口率が減少の一途をたどり、高齢化率が増大されることが見込まれるからである。その理由として、合計特殊出生率の・・・

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)金子勇『少子化する高齢化社会』NHKブックス 2006.を読んで、「人口減少社会」について詳しくのべなさい。
     「人口減少社会」とは、出生数が死亡者数を下回り、総人口が減少状態にあることで、日本は2005年についにその局面に突入した。2004年における総人口は1億2,700万人であるが、2100年時点の予想推計人口は4,080万人と三分の一にまで減少している。これは、年少人口率が減少の一途をたどり、高齢化率が増大されることが見込まれるからである。その理由として、合計特殊出生率の漸減を第一指標とする少子化にある。つまり「人口減少社会」の実際とは「少子化する高齢社会」と言い換えられる。
    「少..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。