「福祉労働の条件を改善する方策」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数282
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    福祉分野における職業の労働条件は、他の職種に比べ低い環境にある。労働条件を端的に示すものに給与水準があるが、厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、福祉事業従事者の給与の平均を、他の分野を含む全労働者の給与の平均と単純に比較すると、低い水準であることがわかる。また、厚生労働省による雇用動向調査において、入職率及び離職率の高さが指摘されており、これも労働条件の低さを裏付ける動向である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    福祉分野における職業の労働条件は、他の職種に比べ低い環境にある。労働条件を端的に示すものに給与水準があるが、厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、福祉事業従事者の給与の平均を、他の分野を含む全労働者の給与の平均と単純に比較すると、低い水準であることがわかる。また、厚生労働省による雇用動向調査において、入職率及び離職率の高さが指摘されており、これも労働条件の低さを裏付ける動向である。
    労働条件の改善の方策について、「誰もがこの分野で働きたいと思える魅力ある仕事」に変えるためにすべきことに置き換えて、次の5点に整理してみる。
    第一に「労働環境の整備の推進」である。これは、就職期の若年層から魅力..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。