「医療保険は、単一の保険者が都道府県単位で運営すべきである」との意見の是非

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数499
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    「医療保険は、単一の保険者が都道府県単位で運営すべきである」との意見について。
     2006年の医療保険制度改革によって財政基盤の安定化や保険者機能の強化を図るため医療保険を「都道府県単位」を軸とした再編・統合を進める方針が明示された。
     厚生労働省による医療保険の保険者を都道府県単位での運営を進めてきた観点をまとめてみる。大きな目的としては、「被用者保険、国保ともに、保険者の財政基盤の安定を図ると同時に、保険者としての機能を発揮しやすくする。」としている。さらに、各保険者にとって「都道府県単位の運営」によってもたらされる点は、次であるとしている。
     「国保においては、小規

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (2)「医療保険は、単一の保険者が都道府県単位で運営すべきである」との意見の是非について論じなさい。
     2006年の医療保険制度改革によって財政基盤の安定化や保険者機能の強化を図るため医療保険を「都道府県単位」を軸とした再編・統合を進める方針が明示された。
     厚生労働省による医療保険の保険者を都道府県単位での運営を進めてきた観点をまとめてみる。大きな目的としては、「被用者保険、国保ともに、保険者の財政基盤の安定を図ると同時に、保険者としての機能を発揮しやすくする。」としている。さらに、各保険者にとって「都道府県単位の運営」によってもたらされる点は、次であるとしている。
     「国保においては、小規..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。