プレゼンテーション[第三者に効果的なプレゼンテーションをおこなう場合のキーポイントを自身の実例に即して述べよ。]

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数146
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    情報佛教大学通信

    代表キーワード

    佛教大学情報

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     第三者に効果的なプレゼンテーションをおこなう場合のキーポイントを自身の実例に即して述べよ。
     プレゼンテーションという言葉から思い浮かぶのはMicrosoftのPowerPointを使って会議などで説明を行うといったところである。しかし、テキスト13ページに書いてあるところのプレゼンテーションの定義は『限られた時間の中で、情報を正確に伝え、その結果として、判断や意思決定までしてもらうコミュニケーション方法のこと』と定義されている。また、三省堂の国語辞典では『①発表、提示、プレゼン②贈呈③上演』との説明がなされている。このことから、プレゼンテーションをより広義に捉え、本リポートを進めたいと思う。以上2つの定義から、学校現場における授業も、まさしくプレゼンテーションの一形態であると言えよう。限られた授業時間の中で、授業内容をいかに正確に伝えるか。その結果として、生徒がその内容を吟味し、主体的な活動につなげていく。授業は教師にとって、発表する場であり、生徒に提供するものであり、極端に言えば50分間の上演会ではないだろうか。少しこじつけにもなるが、第三者に効果的なプレゼンテーションと生徒に効..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。