総合的な学習の時間とは

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数394
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「総合的な学習の時間」とはなにか?   ①1255文字 ②1231文字

     それぞれの学校において、学習者に「生きる力」を成長させるという事に狙いがある。生きる力というのは、基礎学力(読み書き計算)はもちろんの事、学校生活における社会性の教育、また人間としての心(平和を愛する心、人間尊重の精神、命の尊さなど)を十二分に習得することが大切となる。
    創意工夫を生かした特色ある教育活動を展開する。これは各学校の風土、立地状態を生かして知識や言葉だけでなく、見て、聞いて、触ってと、五感をフルに生かした教育活動を行っていく事が大

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「総合的な学習の時間」とはなにか?   ①1255文字 ②1231文字

     それぞれの学校において、学習者に「生きる力」を成長させるという事に狙いがある。生きる力というのは、基礎学力(読み書き計算)はもちろんの事、学校生活における社会性の教育、また人間としての心(平和を愛する心、人間尊重の精神、命の尊さなど)を十二分に習得することが大切となる。
    創意工夫を生かした特色ある教育活動を展開する。これは各学校の風土、立地状態を生かして知識や言葉だけでなく、見て、聞いて、触ってと、五感をフルに生かした教育活動を行っていく事が大切である。子供たちの興味は状態が変わるごとにどんどん変わっていくため、その興味の持続を促しながら進めていくことがよい。
     自ら学ぶ事と、自ら考える力を育てる。昨今の学習者の、自ら考え自ら学ぶという事が出来なくなっているといわれている。事実、社会に出るとマニュアルがあふれ、あくまで過去の事例にあわせて対応する。予定通りの答えが返ってくるようにしないと、会社自身の安定した対応能力がないと顧客からのクレームが対応しきれなくなっているからだ。しかしその事によって、次々と考える事..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。