教育学演習Ⅰ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数146
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育学演習Ⅰ 教育におけるIT(コンピュータ、ネットワークなど)の活用についてそのポイントを具体的に述べよ
    ------------------------------------
    今日の教育の中でコンピュータを扱う科目が存在して多くの児童学生の手の届くところに置かれるようになった。また各家庭のコンピュータの普及率は年々上昇しており、子供たちの家庭環境に当たり前のように存在し、使いこなして行くようになっている。今の親は「仕事」でとか「最近になって使い始めた」方が多いはずである。子供の頃は触った事がなかっただろうが、今の世代の子供は確実に触ったことがあると答えるだろう。
    さて授業の中で取り込んでいくにはまず先生が周辺機器を使いこなす事が大切である。学校で使用してきたプロジェクターなども、以前は透明なプラスチックに情報を印刷してスクリーンに投影させるような事があったが、裏表逆に写したり上下逆さまに写したりと私の幼少時代の先生方の苦労を思い出すが、今ではコンピュータに直接プロジェクターを接続して、マウス操作にてスムーズな授業進行が行えるようになっている。授業進行を止めない、生徒の授業に対する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。