教育の原理

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数511
ダウンロード数1
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育の原理
    「教育の原理」の第4章を読み教育において「競争」原理が果たしてきたメリットとデメリットを整理してあなたの見解を述べなさい
    -------------------------------------
    教育において競争原理が果してきたメリットとして、学力が上がることである。競争原理は向上心の起爆剤になることが多い。という事があげられる。自分は負けたくないという自己の顕示欲が大なり小なり持っている。この顕示欲から学習の意欲に発展する為には、競争を取り入れることで有効に発揮できている。
     また教師(学校)側からの生徒たちの学習習得率の目安になりやすい。教授してきた事が生徒同士の競争原理によって、学力向上したかどうか先生側の結果としてみる判断材料になりえるからである。常に学習の向上を目指し、学習を行う事ができてきた。知らない事を知ろうとする探究心が大きく働けば働くほど、常に学習は進んでいくことになる。
    デメリットでは学習に個人個人の格差が生まれやすい、学習する初期においての周囲の諸条件が整っていなければ競争する事に参加できない事もある。これは競争を「良い事である」と社会集団の中では、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。