全人教育研究Ⅱ 01102  第1分冊

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数234
ダウンロード数0
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一分冊 略題(全人教育と自然尊重)
    全人教育における自然尊重の教育的意味について述べよ
    -----------------------------------------------------
    自然尊重の教育的意義として小原国芳は、雄大な自然はそれ自体が偉大な教育をしてくれますが、この貴重な自然環境を私たちが守ることを教えることもまた大切な教育と説いている。
    ではまず、自然という言葉から考えると様々な意味があり、定義するには大きなものであるが簡単に言えば人の回りに取り巻く環境の中で、人工的に作成された物以外の事を指すのではないだろうか。
    こうした人工物以外のものとなると、一概に自然といえるのかグレーなものもある。例えば林があっても、植林されたものは自然として見ることが出来るのだろうか。
    自然でないと考えた時、地球上ではかなり自然と触れ合う場所は少なくなる。また、生物の生態や、天体などは人の手が加わっていないのだろうか。
     考えると生物の生態は人間が作り上げた環境の劇的な変化によって変化しつつある。そして地球を取り巻く空気を通して天体を観測できる。人間が工場などから排出された汚染空気..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。