社会学 08838 第2分冊

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数426
ダウンロード数4
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2分冊略題(地域社会の概念)
    地域社会を定義せよ
    近年の市町村合併問題と関連付けながら具体的に論述せよ
    「」でくくった言葉はもう一度自分の言葉で説明する事
    丸写しえはなく自分の考えを強く出す事
    ------------------------------------------------
    地域社会を定義すると、地縁関係に基づく集団が形成する仕組みや関係性の総称である。都市化社会の進展とともに、都市コミュニティとしての地域社会として考える事が出来る。まず地縁とは、住んでいる土地、過去に縁のあった土地といった繋がり合いのことであり、地域共同体、町内会、向う三軒両隣といった近隣住民の生活上の助け合い、相互扶助のこと事である。
    これは日本における地域社会の中心に、神社が存在しており、地域社会の構成員はその土地にある神社の氏子としての帰属意識を持ち、先祖代々の付き合いをするものとされた。
    地域社会の構成員はみな同じような生産活動に従事し、それによって価値観や経験を共有する。そして、しばしば個人の幸福より、共同の幸福・集団の幸福を優先させる事になる。 これは「大木は風に折らるる」という悪い面ば..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。