社会科・公民科指導法Ⅰ 第1分冊

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数763
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    07851 社会科・公民科指導法Ⅰ 第1分冊 
    略題(中等社会科カリキュラムの変遷とその内容)
    戦前の中等社会・歴史・公民科教育の変遷
    戦後の社会化の成立と歩み
    高等学校公民科の成立と意味
    ----------------------------------------------------------
    明治期に入ってから近代教育が始まり、国民への近代社会への扉が開かれる。しかし現実には「地学」「史学」「国体学」「国勢学大意」「経済学」等の教科を設けたが教育内容の多くは儒教的内容であったが、地理に関しては西洋の教科書を用いる事で西洋の近代社会に触れ、世界と日本を認識するための教育を行っていく事になる。
    1886年(明治19年)政治的内容を含む公民的教科は、当時の自由民権運動の最中で、生徒から政治に目を向かせないとする動きによって全面的に廃止になる。
    明治後期に入ると、自然地理的内容から人文地理的内容を経て授業を展開するように進め、暗記重視の詰め込み式ではなく生徒の身の回りから事実の関連性や比較を行い、具体的に理解を促す配慮が組み込まれていた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    07851 社会科・公民科指導法Ⅰ 第1分冊 
    略題(中等社会科カリキュラムの変遷とその内容)
    戦前の中等社会・歴史・公民科教育の変遷
    戦後の社会化の成立と歩み
    高等学校公民科の成立と意味
    ----------------------------------------------------------
    明治期に入ってから近代教育が始まり、国民への近代社会への扉が開かれる。しかし現実には「地学」「史学」「国体学」「国勢学大意」「経済学」等の教科を設けたが教育内容の多くは儒教的内容であったが、地理に関しては西洋の教科書を用いる事で西洋の近代社会に触れ、世界と日本を認識するための教育を行っていく事になる。
    1886年(明治19年)政治的内容を含む公民的教科は、当時の自由民権運動の最中で、生徒から政治に目を向かせないとする動きによって全面的に廃止になる。
    明治後期に入ると、自然地理的内容から人文地理的内容を経て授業を展開するように進め、暗記重視の詰め込み式ではなく生徒の身の回りから事実の関連性や比較を行い、具体的に理解を促す配慮が組み込まれていた。
    大正の時代に入ると第一次世界大戦の最中に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。