ピグマリオン効果において見られる教授行動の児童生徒に与える影響

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数381
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教師期待は「教師の公正さ」という原則を両立しえるのであろうか。ピグマリオン効果において見られる教授行動の児童生徒に与える影響について述べ、それが公平な教育を享受する児童生徒の権利と抵触しないかどうか論述していく。
    まず、ピグマリオン効果は児童生徒の権利に抵触しないと考える。あからさまに児童にピグマリオン効果を行うのではなく効果は薄くなってもひそかに全員にいきわたるようなピグマリオン効果を行っていくべきだと考えるからである。
     ピグマリオン効果を行った状況では一部の対象となる生徒に対して無作為に行ったピグマリオン効果のみの実験結果であって、生徒全員にいきわたるような行い方をしたわけではないと私は考える。
     べつの事柄で順番に生徒を変えて違うところを伸ばしていけば、順番に同一の人物に当たらないようにピグマリオン効果を与えていけば、実験のような良い数字は得られなくても各個人、個人に合った部分が延びるのではないかと考える。
     無作為に選んだことによって、全員の前で発表する事によって生徒は見られている事を実感するが、こつこつやっていることを全ての生徒に教えなくても先鋭の立場か「見ているよ」と伝え..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。