政治学 第2分冊

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数473
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    政治学 第2分冊
    略題(発生理由)
    圧力団体の発生理由について説明せよ
    ----------------------------------------------------
    圧力団体の定義は、特殊利益の実現を目的として政策決定に影響を与えようとする集団である。議会機能の低下、政党機能の低下が起こると政党内外での対立や分化が進み、行政(官僚)への直接的な働きかけが大きな力となる時、圧力団体が発生する。
    そもそも圧力団体とはどのような経緯で発生していくのかを考える。圧力団体とは自ら圧力団体の名を掲げ組織したものではない。利益集団としての社会集団が、自己の利益を貫徹する過程において圧力団体としての機能を果たすのである。圧力団体が台頭した要因としては次のような理由が挙げられる。
    まず、19世紀末以降の近代資本主義国家において従来の村落共同体から個人は独立し、様々に分化した社会集団、利益集団に組み込まれることになった点である。交通、通信技術、市場経済の発達により人々の行動範囲が広がると共にその社会集団や職種も幅広いものとなり、個人の要求も細分化、複雑化するのである。社会が次第に複雑化してくる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。