経済学Ⅰ 第1分冊

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数734
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    経済学Ⅰ 第一分冊 略題(イギリス産業革命)
    経済的観点から、イギリス産業革命の意義について論ぜよ
    ※注)イギリス産業革命前後の時代背景、歴史の流れを把握した上で課題に取り組む事
    --------------------------------------
    イギリス産業革命は1770年頃から1830年と長い時間をかけて行われたとされている。これには資本家と労働者の階級が整えられるまでの時間としてかかっている。これまでのイギリスでは、絶対王政期は商業資本家が主で問屋制家内工業が盛んであった。商人が手工業生産者に原料・道具を前貸しし、生産者はこれを加工して製品化、製品は資本家が独占的に買い取り、販売して利潤を得るものである。
    これがイギリス東インド会社の誕生によって変化する。インド産綿織物の輸入により、イギリスでの木綿工業はマンチェスターを中心に急速に発達した。新大陸経営に至っては、フランスとの植民地獲得競争に勝利して世界貿易・世界市場の支配権を確立した。これによって、イギリスの需要を増加させ、生産力の大幅な増進が要求されるようになってきた。そのためには工業技術の改良が必要不可欠となる。こ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。