全人教育研究Ⅰ 第1分冊

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数795
ダウンロード数10
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    全人教育研究Ⅰ 第一分冊 
    略題(新教育運動の影響)
    西欧における新教育運動の流れを略述し、それが日本の新教育運動にどのような影響を与えたかを考察せよ
    発生の動機、理論的背景、実践例をまとめ
    日本の新教育運動の特徴を捉え田園教育塾と比較せよ
    ----------------------------------------------
    西欧で新教育運動が盛んになる少し前、十八世紀から十九世紀にかけて産業革命が起こり、工場では機械化が進み大量生産を行う事で利益を上げる市場へと変化を遂げていく事になる。また西洋では人口増加をたどり、まさに需要と供給の関係より産業は発達した事と、人口増加が同時に進んでいく事により社会構造がめまぐるしく変化していく。こうした中、必要とされる労働力は作業効率をあげることの出来る人材、教育、知識、など人間教育の出来た人材の需要が膨らんでいく事になる。今までの単純作業の出来る、効率性よりも労働賃金を確保する労働効率の悪い人材で市場は支えられてきた。
    産業革命以前に行われてきた旧教育では、伝統教育に基づいた教師中心の教育であり、その内容は、古典重視の知育無味蒙昧な教科書..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。