教育の方法と技術  [第1分冊]

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数592
ダウンロード数1
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    第一分冊 2005
    「良い指導案」について説明し、それについての意見を述べよ。

    まず学習目標が生徒にとって成長への助長となる妥当性を持つようなものである事が大切であり、次に展開によって生徒たちに効率的な学習を行わせるように授業を組み立てていかなくてはならない。
    この2点がよいと思われる指導案を提出しあって、多くの人々が論理的実証的研究を積み重ねたものでなくては「よい指導案」とはいえない。また検証しやすく他人にとっても明確にわかりやすく作られている事も重要である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一分冊
    「良い指導案」について説明し、それについての意見を述べよ。
    まず学習目標が生徒にとって成長への助長となる妥当性を持つようなものである事が大切であり、次に展開によって生徒たちに効率的な学習を行わせるように授業を組み立てていかなくてはならない。
    この2点がよいと思われる指導案を提出しあって、多くの人々が論理的実証的研究を積み重ねたものでなくては「よい指導案」とはいえない。また検証しやすく他人にとっても明確にわかりやすく作られている事も重要である。
     目標ははっきりしていた方がよい。生徒は今から何を学ぶのかという入り口に立っていないと、迷走する可能性が大いにあるため、学習自体への意識の低下を引き起こす事になりかねない。また、授業中に何度も目標の再確認を行うことによるフィードバックを生徒に起こさせないと目標自体があいまいになるため、はっきりとした目標に向かわせる努力をすることが大切なことになってくる。
    授業を受ける生徒だけではなく、教える側も一貫した目標を目指して教えていくことが大切であり、生徒と一つの目標に向かって授業を行っていく一種の共同作業が授業に産まれてくるとなお良いのではな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。