08842 国際経済学 第二分冊

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数287
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国際経済学 第2分冊  横書き指定 ワープロ可
    略題(自由貿易地域)
    <課題>
    環太平洋経済連携協定あるいは東アジア自由貿易協定(FAT)について、WTO体制の下で何故FTAがブームとなっているのかも含め、日本にとっての便益と費用(メリット、デメリット)を論じなさい。
    <レポート作成にあたっての留意事項>
    ①テキスト・参考文献の丸写し、単なる要約はレポートとして認めない。
    ②複数の文献を読み、内容を理解したうえで、自分なりにレポートを作成すること。
    ③利用した参考文献はすべて、レポートの最後に必ず明記すること。
    <評価の観点>
    貿易理論を踏まえて論じること。
    ----------------------------------------
    まずWTO設立を語るには歴史から考えなければならない。WTOの前身はGATT(関税及び貿易に関する一般協定)である。1930年代の世界恐慌と、それに伴う保護主義的な経済ブロック化が第二次世界大戦の一因となった事の反省をふまえ、世界的な不況対策と過剰な保護主義に陥らないようにとの趣旨で、1944年に米国のブレトン・ウッズで開催された会議に基づき、194..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。