0075 「認知構造の再構造化」の過程について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数809
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    0075 「認知構造の再構造化」の過程について



    1.運動機能の向上
    トレーニングの効果は可逆性があるが、運動の機会が途切れると、やがてその効果が失
    われてしまう。練習で築き上げた技能は、半永久性を持ち、一生自分のものになるという
    特徴を持っている。
    2.練習の効果
    「練習」とは上達に関連した反復のことであり、その反復の中で目的に応じた動作の変
    化が起こり、完成していく過程が練習の効果としてみていける。これは、情報処理機能と
    しての中枢過程の働きによるものである。
    よって、大脳にその情報が伝えられる。大脳では、その情報をそれまでに経験してすでに
    記憶されている情報と照合して、どのよう

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    0075 「認知構造の再構 造化」の過程について
    1.運動機能の向上
    トレーニングの効果は可逆性があるが、運動の機会が途切れると、やがてその効果が失
    われてしまう。練習で築き上げた技能は、半永久性を持ち、一生自分のものになるという
    特徴を持っている。
    2.練習の効果
    「練習」とは上達に関連した反復のことであり、その反復の中で目的に応じた動作の変
    化が起こり、完成していく過程が練習の効果としてみていける。これは、情報処理機能と
    しての中枢過程の働きによるものである。
    よって、大脳にその情報が伝えられる。大脳では、その情報をそれまでに経験してすでに
    記憶されている情報と照合して、どのよう..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。