意思決定論演習(組織の意思決定)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数348
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    意思決定論 中間レポート
    - 組織の意思決定 -
    政治経済学部 経営学科 4年
    (APBKJHGR) 近藤 たかし
    ◎ 課題
    ある会社では、2つの製品:「製品A」・「製品B」を製造・販売している。(製造は製造部門が、販売は営業部門が担当している)いま、以下のデータが与えられている場合、「製品A」と「製品B」のそれぞれを、毎週何個ずつ製造・販売すればよいか。なお、この会社は利益の最大化を狙っているものとする。
    「営業部門」の陥りやすい誤りの案を作成し、それに対して「製造部門」の立場からの指摘を行え。
    「製造部門」の立場から見たときの誤りやすい案を作成せよ。
    TOCの考え方に基づき案を作成せよ。
    はじめに
    組織はすべて、さまざまな目標や利益を追求する個人やグループの複雑な集合体であり、それゆえにさまざまな場面でコンフリクト(対立)と遭遇するものである。多様な意見や価値観を持ち、異なる目的を追求し、組織内の情報や経営資源へのアクセス方法も異なる人間同士が相互作用したとき、コンフリクトは、自然偶発的生じるものであるから、組織にとって回避することが困難な問題であるといえる。しかしながら、「組織」..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。